2008/12/29 月曜日

第5回障害者自立支援法セミナー2009が開催されます。

 恒例の千葉県知的障害者福祉協会主催の自立支援法セミナーが来年1月24日に開催されます。私たちは3年後の抜本的見直しに向けてこれまで、全施連・障害福祉関係諸団体と共にさまざまな活動に取組んできました。しかし、12月16日に発表された社会保障審議会障害者部会(社保審)の報告「障害者自立支援法施行後3年の見直しについて」の中身は残念ながら抜本的な見直しには程遠い、部分的な手直しに終始しています。3年目になる平成21年の初頭のこのセミナーに千葉知施連の多数の会員の方々が参加されることを期待します。

                           記

* 主   催  千葉県知的障害者福祉協会

* 日   時  平成21年1月24日(土) 10:00〜16:40

* 場   所  千葉市民会館 千葉市中央区要町1−1 TEL043-224-2431

*  テ ― マ   障害者自立支援法の抜本的見直しとは?

* スケジュール 

      10:00〜 受付開始

      10:30〜 主催者挨拶 中原  強(千葉県知的障害者福祉協会々長)

      10:40〜 講演 「家族が家族であり続けるために」

              講師 小川正明氏(全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会)

      12:00〜 昼食休憩

      13:00〜 講演 「障害者自立支援法の中間の見直しについて」

              講師 厚生労働省(交渉中)

      14:15〜 シンポジウム

              長谷川浅美 氏(政策委員会委員 茨城県・しろがね苑)

              河原雄一 氏(政策委員会委員 神奈川県・湘南ゆうき村)

              里見吉英 氏(政策委員会委員 千葉県・祐啓会)

             コーディネーター 

              菊地達美 氏(栃木県知的障害者施設協会 会長)

       16:30   閉会

* 資料・昼食代  2,000円  当日受付にて徴収いたします。

* 参加申し込み  詳細は所属施設にお問い合わせ下さい。

              締め切り1月15日

 

2008/12/9 火曜日

親亡き知的障害者に愛の手を!! 千葉知施連主催の成年後見セミナーが開催されました。

Filed under: ちばしれん幹事会情報, ちばしれん支部の動き — HP管理人 @ 22:40:30

 「入所施設を利用する知的障害者の成年後見のあり方を考える研修会」が下記のとおり開催されました。実践を通しての貴重な体験を基にした大変意義の深い、参考になる講演やグループ討議など盛り沢山の内容で、研修会は参加者から大好評でした。

                           記

1. 日 時  平成20年11月28日(金)午前10時〜午後5時

2. 会 場  千葉市文化センター

3. 主催者 千葉県知的障害者入所施設家族会連合会

4. 参加者 千葉知施連 37支部 69名(幹事を含む)、県内17市 1町 障害福祉

         担当者 20名、NPO千葉成年後見支援センター11名

5. プログラム

* 講演1 「千葉県 権利擁護のための研究会報告」

       講師 千葉県障害者計画推進室長 横山正博氏

* 講演2 「成年後見制度の問題点と打開の方向性」

       講師 NPO千葉県成年後見支援センター副理事長 杉本知則氏

* 講演3 先進事例1 「中間法人を立上げ成年後見に取組むいすみ学園の試み」 

            講師 いすみ学園職員・社会福祉士 軽込進一氏

* 講演4 先進事例2 「利益相反を乗越えて法人後見に至るまで」

       講師 三重 あさけ学園 石丸晃子理事長

* グループ討議

 ・ グループ分け  参加支部を市町村参加者・NPOを含め7つのグループに編成

 ・ 議 題  〆Fの講演についての感想や意見

         ∧欷郤垈颪農年後見制度実現のために 取組んでいること

         これから取組みたいこと、これから気掛かりなこと等

                                                 以上

※ 当日の会場の写真が下記ファイルをクリックするとご覧になれます。

081201.doc

 

次のページ »

HTML convert time: 0.122 sec. Powered by WordPress ME